Y-3Y-3
BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA”
 

2014.11.18

  • BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
    BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
  • BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
    BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
  • BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
    BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
  • BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
    BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
  • BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA
    BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA



毎日通いたくなる “大人の食堂” に注目。


自分のいる街、大好きな街の一角に毎日でも通いたくなる「大人のための食堂」があったら嬉しいと思いませんか。ブルーノート東京がそんな想いをあたため、めぐらせながら提案する新たな食空間が、先月オープンした “BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA  (ブルーブックスカフェ 自由が丘)” である。“豊かなる日常、未知なるジブンと出会う場所” をテーマに音楽と本のある日常を提案し、衣食住のさまざまな要素を媒介して新たな発見に満ちた “自分のための” 時間を提供してくれるおすすめのスポット。


特筆すべきは、古き良き時代の音楽から最先端のサウンドにいたるブルーノート東京ならではの選曲と、日々の暮らしにさまざまなスパイスを与えてくれる良質な本の数々を楽しみながら、子供の頃から好きだった “あの味” にこころをときめかせることが出来る演出は素晴らしい限り。


数々の有名フレンチレストランで手腕を振るってきたシェフ “長澤宜久 (ながさわ たかひさ)” が腕によりをかけて提案するボリューム満点のオムライスやハンバーガー、どこか懐かしいナポリタンやマカロニグラタンなど、さりげなくプロの技を感じさせる素朴で親しみ深い料理の数々。また、店内に置かれる約1,000冊の本は、ブックディレクター “幅允孝 (はば よしたか)” さんのセレクトによるもの。幅さんが “本のある食堂” をテーマにセレクトした良質な本のラインナップと、音楽とフードをゆるやかにシンクロさせながら、ささやかな発見や出会いを楽しむ時間を提案してくれている。


毎日でも通いたくなる「大人のための食堂」。自由が丘にありそうでなかった食空間、街のあらたな顔となるべくニューアドレスにご注目ください。


 


BLUE BOOKS cafe JIYUGAOKA / 03-6825-8686
目黒区自由が丘2−9−15 ユレカビルB1F
OPEN:11:30~23:00 不定休


 


  • 農園サラダ ¥1,200~
    農園サラダ ¥1,200~ (+Tax)
  • タルティーヌ ¥600~
    タルティーヌ ¥600~ (+Tax)
  • 季節野菜とピクルスの盛り合わせ ¥800~
    季節野菜とピクルスの盛り合わせ ¥800~ (+Tax)
  • 串揚げ盛り合わせ ¥1,800
    串揚げ盛り合わせ ¥1,800 (+Tax)
  • トルティージャ ¥700
    トルティージャ ¥700 (+Tax)
  • カツレツサンドウィッチ ¥1,000
    カツレツサンドウィッチ ¥1,000 (+Tax)
  • ブルーブックスカフェのハンバーガー ¥1,200
    ブルーブックスカフェのハンバーガー ¥1,200 (+Tax)
  • ヴァイツェン ¥700
    ヴァイツェン ¥700 (+Tax)
  • ミルクセーキ ¥800
    ミルクセーキ ¥800 (+Tax)
  • クルミのタルトとプチコーヒー  ¥600
    クルミのタルトとプチコーヒー ¥600 (+Tax)


 


 


LUNCH (11:30am~2:30pm):
ランチタイムの目玉は、ライ麦のバンズに、パティはハンバーグのような味わい深さが魅力のクラッシックなハンバーガー。フレッシュなトマトと塩麹で作った自家製ケチャップがアクセントに米茄子をニンニクとローズマリー、バルサミコでマリネしものを加えています。ダイナミックなカットと茄子の本来の旨味もあわせてご堪能いただける。その他に、カツサンドやオムレツサンドなど食べごたえたっぷりのサンドウィッチ各種、その他、サラダ、パスタなど、ボリュームたっぷりのメニュー各種。メインディッシュにスモールサラダとバゲットがついたスペシャルランチも用意されている。



スペシャルランチ:
和豚もちぶたのグリルorステーキ、スモールサラダ、バケットとドリンク付) ¥1,200~


サンドウィッチ・ランチ:
カツレツorオムレツサンド、フレンチポテト、スモールサラダ、ドリンク ¥1,000~


ハンバーガーランチ:フレンチポテト、スモールサラダ、ドリンク  ¥1,200~

パスタランチ:スモールサラダ、ドリンク付   ¥1,000~



※週末はセットのドリンクが含まれません。
※すべて税抜き価格。


 


 


CAFÉ  (2:30pm~5:30pm):
懐かしい気配も感じながら、上質でボリューム満点のデザートをご用意。大きめのカップにたっぷり入ったコーヒーや、ポット提供の紅茶と合わせてゆっくりお過ごしいただけます。



デザート各種   ¥500~

ソフトドリンク   ¥500~

エスプレッソ   ¥500~

ブレンド   ¥600

自家製ブリオッシュのフレンチトースト(フルーツのソースとアイスクリーム添え3種類)各¥800

その他スウィートポテト、フルーツパウンドケーキ、クルミタルトなど。


※すべて税抜き価格。


 


 


DINNER  (5:30pm~10:00pm Food L.O.):
ディナータイムの目玉は、旨味を活かしたシンプルな調理法にひと捻りの工夫と手間を加えた「大人の食堂」ならではのラインナップ。日本ならではの居酒屋メニューをベースに、ブルーノート東京のエスプリを効かせたちょっとユニークなオリジナルメニューの数々もお楽しみいただけます。



前菜 ¥500~

サラダ¥800~

串揚げ ¥900~

ココットで煮込んだロールキャベツ  ¥2000

ハンバーガー   ¥1,000~

パスタ   ¥1,000~

メインディッシュ(和豚もちぶたのグリル、ステーキなど)   ¥1,500~


※すべて税抜き価格。


 


 


DRINK
ドリンクメニューの目玉としてオンリストするのは、南青山のジャズクラブ “ブルーノート東京” が初ての試みとして提案するオリジナルビール “ブルーノート東京ビール”。人気のクラフトビールのセレクトとともに、“ブルーノート東京ビール” をはじめとする4種類のクラフトビールが、常時ドラフトで提供。また、人気のハイボールは、冷えたグラスに冷えたウィスキーとソーダを注ぎ、最後の一滴まで薄まることなくウィスキーの本来の味わいが堪能できる “神戸スタイル” でお楽しみいただける。


     

BLUE NOTE TOKYO BEER (ブルーノート東京 ビール)
BLUE NOTE TOKYO BEER

Regular (330ml) ¥700       Large (450ml) ¥900


セッションIPAスタイルのブルーノート東京のオリジナルビール。軽い口当たりの飲みやすさとはうらはらに香り高いしっかりとしたコクのある伝統的な味わいをお楽しいただける。


※詳細はブルーノート東京ビールのリリースをご覧ください。
※すべて税抜き価格。


 


長澤宜久 (ながさわ たかひさ)
1965 年生まれ。91年帰国後 、2001年に港区・南青山の伝説のフレンチレストラン「アディング・ブルー」のシェフに就任。「特別の日に行くフランス料理店ではない、普段使いができる料理店」がコンセプトのフランス料理に多くのファンが訪れた。07年に丸の内の「resonance」シェフに就任。13年にブルーノート東京グループ シニアシェフに就任。同年に「cafe104.5」のメニュー監修・店舗運営に携わり“ライヴ・セッション”をテーマに食材や調味料、調理法をその時の気分で食事を楽しむことができるあらたな食のスタイルを提案した。近年では親友のパトリック ゴーティエやクリスチャン ル スケール(ルドワイアン)、エリック トロション(MOF)などと交流を深め、彼らの料理やライフスタイルなどに影響を受けている。


 


 


BOOK
店内ではブックディレクター・幅 允孝 さんによる約1,000冊の選書が自由にお楽しみいただけます。今回、幅さんには「本のある食堂」をテーマに、BLUE BOOKS caféで飲食を楽しむ傍ら「On Reading(読みつづける、読みふける)」というキーワードに叶う良質な本をセレクトしている。コーヒーを飲みながら本を読みふけるもよし。本を片手に食事を楽しむのもよし。飲食・音楽・本をゆるやかにシンクロさせながら新たな発見と遅効の喜びを感じて欲しい。そんな願いを込めて集められた本の数々をお楽しみいただきた。


幅 允孝 (はば よしたか)
BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。人と本がもう少しうまく出会えるよう、様々な場所で本の提案をしている。伊勢丹新宿店本館地下2階「ビューティアポセカリー」や、「ブルックリンパーラー」など本屋と異業種を結びつけるほか、病院や企業ライブラリーの制作など、その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたる。著作に『幅書店の88冊』(マガジンハウス)がある。他にも『本の声を聴け ブックディレクター幅允孝の仕事』(著・高瀬毅/文藝春秋)が刊行中。愛知県立芸術大学非常勤講師。


 


EVENT
DJイベントや、国内外で活躍する様々なジャンルのアーティストのライブを不定期で開催。お食事をしながら、リラックスした贅沢なひとときを。ニューヨークの “Blue Note” を本店に持つ “ブルーノート東京” がお届けする、リラックスした空間でライブとお食事をご堪能ください。


※イベントのスケジュールは、オフィシャルサイト内にて随時更新。




■INFO:
BLUE BOOKS cafe   
https://www.facebook.com/bluebookscafe.jiyugaoka
https://twitter.com/bbc_jiyugaok













DATE : 11.18.2014 | CATEGORY : CULTURE, Details

635pxライン画像

THROWBACK