Y-3Y-3
人気パーティ “DOPE” が 渋谷VISIONにて再び開催!
 

2015.08.13

人気パーティ “DOPE” が 渋谷VISIONにて再び開催!




今回も音楽マニアを唸らせるアーティストが登場

コアな音楽ファンを魅了する「DOPE」にL.Aビートシーンの最重要人物 “RAS G” が登場!その実力は同じL.Aで活躍し来日の際も直ぐにチケットがソールドアウトする人気のアーティスト “Flying Lotus” に認められ、彼のレーベルのメンバーとして名を連ねる。また、同じくL.Aの最重要レーベル “STONES THROW” のトップアーティスト “Madlib”  と同じステージをともにするなど、自身の強烈な個性と才能で確固たる地位を築いている。そして、Soulectionからも “ABJO”、5月に22分22秒の大作『日本国憲法』をリリースした “Shing02”、その曲のdub efxaも担当した “Kuranaka aka 1945” の出演など、多くの輝きを放つ今回のDOPEは要注目!



 



DOPE feat. RAS G / ABJO / Shing02 Supported by MALIBU


DATE: 08.15 2015 (SAT)
OPEN:22:00
PRICE:¥2500 ADV (e+) ¥3500 DOOR
e+ link


 


GAIA

ACT:
RAS G (Low End Theory | Brainfeeder | US) / Shing02  / KURANAKA a.k.a 1945 / KILLER-BONG / MUTA / ASHRA / yuitty






DEEP SPACE
Yukibeb Presents

ACT:
ABJO (Soulection | US)  / Yukibeb (Soulection) / XLII (Raid System) / submerse (Cosmopolyphonic) / RLP (Cosmopolyphonic) / DaBook / ShioriyBradshaw / StupidKozo(Y.O.M.) / Fujimoto Tetsuro (Cosmopolyphonic) / Tidal (Cosmopolyphonic)






WHITE

ACT:
DJ DON(新宿ドゥースラー)/ ROWEL(INSOMNIA) / ITTI feat. Yellock / CocokimiCo / musiqconcierge(dB UKi/KIWA KIWA) / hype / No'n






D-LOUNGE
nokisaki lounge

ACT:
HIPHOPMAN(Fertile Village) / KORK / WETS-T(Jam Jack Clan) / KURO a.k.a. THE ROCK(Jam Jack Clan) / MOIST(GETABACO) / COZYMADMAX(nokisaki) / RYOJI(fathom) / YUTA(Stussy MCD) / EMI(Stussy IKB)


 


 


 


RAS G (Low End Theory | Brainfeeder | US):
ダブやジャズ、ルーツレゲエも飲み込んだドープなビートとコズミックな世界観でユニークなサウンドを作り上げるRas G。L.A.を拠点とし、プロデューサー、DJ、自身のレーベルPoo-Bah Recordsの運営など、多くの時間を音楽に費やした後、2004年にBlack Monkとのスプリットシングル「Day & Night EP」で彗星の如くシーンに現れた。その作品はスモーキーヒップホップとも評されており、自身が敬愛するジャズミュージシャンSun Raからの影響も強く見られ、精神性の高い楽曲を構築している。ベース、リズム、サンプリングなどを駆使した無秩序とも思えるトラックから構成される、深遠かつ温かみのある空間は日本でも人気が高まっている。また、Flying Lotusが主宰するレーベル"Brainfeeder"のメンバーでもあり、"Low End Theory"にも幾度も出演。"Dublab"への関わりも深く、L.Aビートシーンの中でも際立って強烈な個性と才能を認められている。更にGilles Peterson、Benji Bと共に世界でも活躍し、Madlib、Kode9、Dabryeといった様々なジャンルのアーティスト達とステージを共にするなど、その活躍は幅広い。2008年にはRas G & The Afrikan Space Program名義にて待望のアルバム『Ghetto Sci-Fi』をリリース。アフロフューチャリズムをふんだんに散りばめた作品となっており、高い評価と共にともに受け入れられた。天才的なビートメイキングで独自の宇宙を求め続けているクリエイターとして、ジャンルを超えたアンダーグラウンドミュージックファンにとって注目を集め続ける存在である。





ABJO (Soulection | US):
サンディエゴ出身のビートメイカー、プロデューサー、DJ。ロサンゼルスのアンダーグラウンドなエレクトロニックミュージックシーンで次世代を担うレーベルコミュニティーとして注目を集めているSoulectionに所属。ソウルフルかつスペーシーなサウンドクリエイションでヒップホップやビートミュージックからジャズまで、幅広いシーンにアピールする希有な存在である。幼少期よりクラシックとジャズの教育を受け、The Rootsなどに代表されるジャズヒップホップに出会い、トラック制作をスタート。その後、オーディオプロダクション/エンジニアリングのスキルも習得し、2011年にデジタルアルバム『Sancofa EP』をSoulectionより発表。そのスタイルはベースミュージック、ジューク、ヒップホップ、ハウスなどを基調としながらも、ソウル、R&B、ジャズ、ブラジリアンなど多様な音楽的ジャンルからの引用がみられ、彼独自のリラックスしたオーガニックなグルーヴが高い評価を得ている。また、リミキサーとしてはニューヨークを拠点に活躍するネオソウル系シンガーJesse Boykins IIIの「I can't stay」やUS西海岸の人気MC&トラックメイカーユニットBlu & Exileの楽曲を手掛ける傍ら、ニュージャージーのラッパー、YoAstrumの「Megaman X」をプロデュースするなど、国内外のクリエイターからの信頼も厚い存在である。2013年にはコーチェラフェスティバルでのデビュー、その他"SXSW'14"、"Low End Theory"への出演など、活躍のフィールドは幅広い。


 


 


 


■INFO:SOUND MUSEUM VISION


 


 


 


 


 


 


DATE : 08.13.2015 | CATEGORY : CULTURE

635pxライン画像

THROWBACK