Y-3Y-3
カルチャー色豊かな作風が話題の アートディレクター“Kiyoshi Okabe” が個展を開催
 

2018.10.30

カルチャー色豊かな作風が 話題のアートディレクター “Kiyoshi Okabe”が個展を開催


床屋という社交場で作品を展示

東京と岡山をベースに活動するアートディレクター[Kiyoshi Okabe]が、日々の生活で感じたことをグラフィックに落とし込んだ作品展を下高井戸にある“BARBER SAKOTA”にて開催する。


今回の作品展は、新作のグラフィックを中心に厳選し、作品とともに旅をする感覚で全国を順次巡っていく予定となっている。新たな出会いによって今後の展示先もどこになるかわからないという試みは、どんな融合性が生まれるか今後の行方を見届けたくなる。終わりのない旅は国内で終わりを迎えるのか、海外にまで行ってしまうのか…。


また、毎展示限定デザインでのシルクスクリーンワークショップも開催しますので、こぞって是非ご参加あれ。


 


“SHAVING UP”
DATE:2018年11月3日(土)〜11月11日(日)
PLACE:BARBER SAKOTA | 東京都世田谷区赤堤4-42-19 | www.barber-sakota.com/


シルクスクリーンワークショップ:
11月3日(土)と11月11日(日) (11:00 – 16:00)の2日でワークショップを開催(両日とも本人在廊)。
1Print : 1,500yen / Tote Bag 500yen〜1,000yen  Bandana 1,000yen
コットン製品であれば持ち込みのアイテムにプリントも可能です。




Kiyoshi Okabe
過去には、国内外の音楽アーティストに提供してきたグラフィックは数知れず、DJ Ma seo(DE LA SOUL)、Ali S haheed Muhammad(A Tribe Called Ques t)、DJ SPINNA、PETEROCK、DJ PREMIER、DJ K URUSH、MURO、ZEEBRA、YU MAMIYA、Large Professor、DABO、DJ BLACKKEYS、LIL’ DAP(GROUP HOME)等が参加するイベントポスターやレコードジャケットなどのアートワークを手がけ、近年では渋谷VISIONで開催しているEMMA HOUSEのポスターや、RED BULLが主催するダンスバトルの主題歌にもなっている三浦大知「RE PLAY」のシングルCDアートワークも担当している。

HP | https://www.kiyoshiokabe.com/
instagram | https://deskgram.net/kiyoshi_okabe


 


 


DATE : 10.30.2018 | CATEGORY : CULTURE

635pxライン画像

THROWBACK