Y-3Y-3
White Mountaineeringにて 石川直樹の写真展“Lhotse”開催。
 

2013.12.05




ローツェ遠征の日々やエベレスト街道ゴーキョの村の姿などが収められた石川直樹氏 写真集
“Lhotse”のフォトエキシビション。



写真家の石川直樹氏が約1カ月にわたるローツェ遠征の日々や、訪れたエベレスト街道ゴーキョの村の様子などを収録した写真集“Lhotse(ローツェ)”を刊行。


この写真集の始まりは…2011年5月に2度目のエベレスト登頂に成功したとき、 目の前にずっと見えていた世界第4位の高峰Lhotseが写真家・石川直樹の心を捉え、「あの頂(いただき)からエベレストを眺めたら、どのように見えるのだろう?」 と、その思いを胸に、2013年春に石川氏はローツェに向かう。天を突く急峻な山々や、シェルパ族の村のおだやかな日常に魅了され、石川氏はそこで目にしたもの、感じたもの、全てを写真に収めたという。


今回写真集“Lhotse”の刊行を記念し、White Mountaineering Flag Shop(ホワイトマウンテニアリング)のフラッグショップにて写真展を開催。Lhotseを中心に、石川氏が魅せられた厳しさと優しさを併せ持つヒマラヤなどを紹介。 是非この機会をお見逃しなく!



写真集「Lhotse」
PRICE:¥2,940(Tax in)









 

石川氏の写真を元に、White Mountaineeringが作製したオリジナルTシャツ
PRICE:¥3,990(Tax in)







■INFO:
写真家 石川直樹氏 写真展『Lhotse』
期間:2013年12月6日(金)~12月15日(日)
会場:White Mountaineering Flag Shop
東京都渋谷区神宮前4-21-7 1F Tel:03-6904-6309
時間:12:00~20:00
※12月6日(金)のみ12:00~16:00までの営業となります。





【プロフィール】
石川直樹 NAOKI ISHIKAWA
1977年東京都生まれ。写真家。2000年、PoletoPoleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破、2001年、七大陸最高峰登頂を達成。人類学、民族学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表し続けている。東京芸術大学大学院美術研究博士後期課程修了。多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員。

 

 













DATE : 12.05.2013 | CATEGORY : CULTURE

635pxライン画像

THROWBACK