Y-3Y-3
Special Interview with Maor Cohen
 

2014.06.22



海外セレブ御用達の人気アクセサリーブランドM Cohen来日特別インタビュー。



海外セレブ御用達の人気アクセサリーブランド、M Cohen (エム コーエン) のデザイナーであるMaor Cohen (マオール・コーエン)氏が来日。今回、東京で親交のあるセレクトショップ“PANTY”にて来日を記念したファンとの交流イベントが開催された。デザイナー自らが、お客さんへコーディネイトを提案したり、写真やサインに応えるシーンも。また、買い物をしたお客さんへ特製リングをプレゼントするなどのサプライズなどもあり、会場は終始盛り上がっていた。そんなフレンドリーで優しい一面を見せてくれるMaor Cohen氏に、日本で感じたことや、活動拠点のL.Aでの生活についてインタビュー。





ー今回の来日は何回目になりますか。ー



5回目になるよ。僕は日本が大好きなんだ。人も素晴らしいし、ファッションも色々なスタイルがあって面白いと思うよ。それと、日本食も大好きで今のところ何でも食べられるよ。





ー今回の来日目的を教えて下さい。ー



今回は、取引先とのミーティングや、今日のようにファンとの交流イベントがたくさん予定されているんだ。これまで付き合いのあるクライアントとのミーティングはもちろん、新たに動き出すことになりそうな、ビジネスのミーティングなどもあって、たくさんのプレス関係の人たちとも打ち合わせをしたよ。そのせいか、今回はいつも以上に多くの人たちと出会う機会があって、様々な場所でインスピレーションを受けたよ。



イベントは、バーニーズニューヨークや、ビヨンクール、S.O.S、大阪は阪急、など色々な所でやったんだ。僕のアクセサリーは、自由にレイヤリングすることで、完全なオリジナルのジュエリーが楽しめるのさ、その組み合わせの面白さを、実際に日本のお客さんへ伝えることが出来てとても嬉しく思うね。日本はファッション感度が高い人たちが多いので、今後もより日本のマーケットと良い関係を築いていくことが出来ればいいなと思っているよ。





ー日本で最近注目しているお店を教えて下さい。ー



ここPANTYもそうだけど、日本は、それぞれ独特のコンセプトをもっているカッコイイお店が多いよね。その中でも特に親交の深いS.Curve studio(石川県加賀市)というショップはずっと注目しているよ。オーナーのMASAは、僕の仕事のパートナーであり、友人であり、僕の作品のファンでもあるんだ。



ナチュラルなインテリアの中に尖った雰囲気が漂っていて、独特のセンスをもっているお店だよ。それに、ちょっとした綺麗なスタイルや、カジュアルスタイル、ビーチスタイルなど様々なスタイルを楽しめるラインナップになっているので、M Cohenとも相性がいいんだ。どんなコーディネイトでも自分なりのスタイルを落とし込んで楽しむって、とても大切なことだと僕は思っているよ。



PANTYにディスプレイされているM Cohenの数々。


ターコイズを使用したブレスレットはショップでも人気が高いという。


ー拠点としているL.Aついて教えて下さい。ー



L.Aはとても良いところだよ。気候も海の眺めも素晴らしいんだ。僕のスタジオやファクトリーはそんな素晴らしい環境に恵まれていて最高だよ。近くにある僕のショップには、ファッション関係の人たちや、クリエイター、アーティスト、それと有名なセレブもショッピングにくるよ。



僕は仕事でよく世界中を旅するので、様々な場所からインスピレーションを受けるんだ。そして、そのインスピレーションをL.Aに戻って一度整理し、完璧な状態へするのさ。また、L.Aでもミーティングや制作に追われてしまう時なんかは、時間を見つけて、ビーチでリラックスしたりするよ。そうすると、“自分は何をすべきか”、“コレはどうしたらよいか” など、頭の中を整理することができるんだ。そうやって、気持ちをリラックスさせ、ひとつひとつ向き合いながら次のシーズンのデザインや、プロジェクトへ繋げていくのさ。それと、家族との時間を大切にしているよ。リーバイという3歳の息子がいるんだけど、やんちゃだから毎日エキサイティングでとても楽しいよ。





ー休日はどんな風に過ごしていますか。ー



僕に休みはないな(笑)。いつも何かしているんだ。インスピレーションを受けたことを整理したり、ミーティングでの内容も整理したり…、土日でもスタジオやショップへ行くしね。寝ている以外はデザインのこと、打ち合わせのこと、スケジュールのことなど、頭の中では常に色々なことを考えているよ。しいて言うならば、家族との時間、息子と遊ぶ時間が僕の“オフ”かもね。それと、買い物にもいくよ!





ー最後に、日本で残りの日はどう過ごされたいですか。ー



1日休みがもらえるならばゆっくり買い物がしたいよ!日本は面白いものがあくさんあるからね。





M Cohenのネックレスもブレスレット同様こだわりが感じられるデザイン。





会場ではお酒を片手にフランクな雰囲気で来場者もMaor Cohen氏も楽しんでいる様子。






アクセサリーについてファンから質問に丁寧に答えるMaor Cohen氏。





この日は、彼の大好きな“Rusty Nail=さびた釘”という名前のカクテルをテーマに作ったリングを購入者にプレゼント。スコッチウイスキー(タリスカー10年)とドランブイというリキュール、オレンジ、そしてナイフまでも彼が用意し、その場でオレンジの皮を剥き、カクテルを作り来場者に振る舞っていた。皆でカクテルを飲みながら、一つ一つの作品にストーリーや意味があり、こだわって作っているという説明をし、終始アットホームな雰囲気が漂っていました。






“今回彼が作ってくれたカクテルのお酒は、簡単に手に入るものではないものらしく、ファンとの交流のためにアメリカから持ってきたんです。彼は本当に温かくて素晴らしいです。” 話してくれたのは、Maor Cohenと肩を組むPANTYのPOLO氏。





特別にMaor Cohen氏が身につけているアクセサリーを見せていただきました!





「全て僕のお気に入りだよ。好きなものをたくさん付けるって楽しいよ!日本の皆さんにも色々なアイテムを重ねて付けてみてほしいな。」





M Cohen (エム コーエン) 
デザイナーMaor Cohenが立ち上げたLA発のアクセサリーブランド。世界中を旅し、デザインのインスピレーションを得て、全てハンドメイドされているというエスニックなアクセサリーは、メンズ・レディースを問わず人気を博し、数多くのセレブが愛用していることも知られている。



Instagram
Facebook
 

■今回イベントが開催されたセレクトショップ
PANTY / 03-5454-5444
東京都渋谷区神山町7-9-1F

 

 

 

 

 


DATE : 06.22.2014 | CATEGORY : CULTURE

635pxライン画像

THROWBACK