Y-3Y-3
Tsuyoshi Araki “dot to line”
 

2014.02.05




“架空の音楽アーティスト”が作る楽曲やタイトルをイメージした2Dアート

 

ファッションや音楽の最新概念に伴走しながら、ムービーやプログラミング、グラフィックデザインなどを自在にクロスオーバーさせた、PVやファッションショーのデジタル演出などで活躍しているアラキ ツヨシ氏、が代官山のGALLERY SPEAK FORにて2月28日(金)より個展「dot to line」を開催。


過去の展示では、映像やプログラミングなどを用いたインスタレーションで話題を呼び、世界中から注目を集めた。そして本展では、主にアラキ氏の2D表現をアートワークとして捉える、初めての試みとなっている。AからZまで制作されるグラフィック作品が主体で、それらは、“架空の音楽アーティスト”が作る楽曲やタイトルを想定して制作され、作品の個々が「点」となり、それらと連動したリアルな楽曲やグッズなどを通して「彼」のトータルな存在・痕跡を「線」として照射している。


26点の新作プリント作品を展示・販売する他、マグカップ、CDなどの関連アイテムも販売。また、ファッションブランド「5351 POUR LES HOMMESET LES FEMMES」のクリエイティブディレクター・小村和久氏らによる、本展のための特別コラボアイテムも登場。





Tsuyoshi Araki(アラキツヨシ) アーティスト

1975年、愛知県生まれ。愛知教育大学を卒業後、ABAHOUSE INTERNATIONALなどアパレル企業に勤務し、ウェブ、グラフィックデザインやショーの映像演出を行う。また、視覚演出を手がけるMETROPOLを主宰し、プログラミング、映像、グラフィックデザイン、イラストレーションなどのミックスメディア作品を多数発表している。手がけた音楽PVに、Aimer「RE:I AM EP」(2013年、DefSTAR RECORDS)、中塚 武「BLACK SCREEN」(2011年、MR.MUSIC)などがある。
2011年、SonarSound Tokyo 2011にてビデオインスタレーション作品「Pineal Gland」を発表。関東学院大学理工学部映像クリエーションコース非常勤講師。

 



◇「dot to line」
会期 : 2014年2月28 日(金)~ 3月12日(水)
開館時間 : 11:00 ~19:00 最終日のみ ~ 18:00 木曜休廊
場所:GALLERY SPEAK FOR  東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR  B1階





■INFO:
GALLERY SPEAK FOR / 03-5459-6385

 

 

 


DATE : 02.05.2014 | CATEGORY : CULTURE

635pxライン画像

THROWBACK