Y-3Y-3
XLARGE® 25th ANNIVERSARY BOOK “True OG Streetwear”
 

2016.02.15

XLARGE® 25th ANNIVERSARY BOOK “True OG Streetwear”



XLARGE®の軌跡が詰まったヒストリーブック

創 設者である、“イライ・ボナーツ” と “アダム・シルバーマン” が “マイク .D (BEASTIE BOYS)” と出会い、 1991年、ロサンゼルスのバーモント・アベニューに ′′自分たちが欲しいアイテム′′を集めたショップ「XLARGE® STORE」をオープン。 そして今年、同時にオリジナルブランドとして立ち上げた「XLARGE®」が25周年を迎えた。

四半世紀渡り築いてきた長く深い歴史を現代そして 未来に残すため、創設者たちをはじめ、ポール・T やビリー・ヴァルデス、ストリートカルチャーを代表するアーティストのリッキー・パウエルやスリック等のインタビュー、そして初期にリリースされた貴重 な写真やアーカイブ、イメージヴィジュアル、 コラボレーションアイテムを時系列 で掲載したヒストリーブックが発売される。

ヴィンテージファッションのアーカイブ写真集「My Freedamn!」シリーズ の田中凜太郎に本の制作を依頼。彼独自の視点で XLARGE® の歩んできた軌跡を撮影・編集した「True OG Streetwear」がここに完成。  2月1日( 水 )、 新宿ルミネエスト 6F にに期間限定オープンする POP UP STORE「X-LARGE STORE」にて先行発売。


 


True OG Streetwear” | ¥7,560 (+tax)


 


「何も知らないド素人だったからこそ、新しいアイデアが生まれた。それこそが時に何かを大きく変えるんだ」
(イライ・ボナーツ)


“We were not professionals in fashion per se but we did have new ideas, and new ideas are sometimes all you need to change things.”
(Eli Bonerz)




「自分がXLARGEと過ごした9年間はチャレンジの連続で本当に楽しかった。あの時代に膨大な事を学び、実際に思い出に残る仕事も沢山あったね」
(アダム・シルバーマン)


“I worked at XL for nine years; it was a really fun, excting and challenging period of my life. I learned a ton and we made some good stuff and had some great times.”
(Adam Silverman)




「当時のXLARGE®はまるでロケットのような勢いがあった!しかも時代の最前列に立てる幸運にも恵まれた」
(エリック・ボナーツ)


“X-LARGE was like a rocket, and we were lucky enough to fave a front row seat!”
(Eric Bonerz)




田中凛太郎:エ ディトリアル・フォトグラファー。1970 年生まれ。横浜出身。1998 年にカリフォルニアへ移住し、古着の リサーチを本格的にスタート。2003 年には自費出版「My Freedamn!」シリーズを立ち上げ、今日までに 計 2 2 冊のヴィンテージ文献を出版する。2010 年以降はイベント「Inspiration」を LA と NY にて毎年開催中。


 


■INFO:XLARGE® HARAJUKU | 03-3475-5696   www.xlarge.jp


 


 


DATE : 02.15.2016 | CATEGORY : CULTURE

635pxライン画像

THROWBACK