Y-3Y-3
Catch Up! Meet Up!! Turn Up!!!
 

2015.05.01




 

-10周年を記念して企画していることはありますか?


実は、あんまりないんですよね!(笑)。今年一月にパリで、「PHIRE WIRE 」というGR8で運営しているブランドのパーティを開催したんです。その時に「BRODINSKI (ブロディンスキー)」というパリを拠点にするアーティストの所属する「BROMANCE RECORDS (ブロマンスレコーズ)」の関係者に、GR8が10周年なんだって話をしたら、6月に「BROMANCE RECORDS」と一緒にパーティをやろうって話をしてくれたんです。本当ありがたいことに周りの方に助けられて10周年としての何らかの形は残せていけるかなと思っています。ソーシャルメディアが発達して、決定事項や告知なんかも日々タイトに決まってきている今日、現場への情報の伝達スピードが一昔前に比べると格段に早くなりました。SNSで発表する時も一日前が一番効力があるんです。というのは、何かが発生するタイミングが、ハプニング的要素が凄く強くなっているのを感じていて、その象徴が6月に開催するパーティみたいなことなのかなと思いました。実は、先ほど話したパリでの「PHIRE WIRE」のパーティも決まったのは一日前でしたね (笑)。でもその瞬発力を利用してSNSで告知し、当日はパンパンにお客さんが入りましたからね。「OFF-WHITE」の「VIRGIL ABLOH (ヴァージル・アブロー)」も飛び入りでDJをやってくれたりして本当に楽しかったです。それ以上に嬉しかったのが、パーティーが終わった後にヴァージルが「最高なパーティだった」と言ってくれたんです。スピード感と勢いが大切だと感じました。だからGR8の10周年も突発的に何かしらやっていると思いますので随時チェックしていただければと思っています。


 


­

-Is there anything you have planed for your 10th anniversary?


Actually… I don’t have anything in my mind lol! I just threw a party for this brand “PHIRE WIRE” which we hold in GR8 in Paris. At that time, I spoke to the owner of “BROMANCE RECORDS” BRONDSKI that it’s our 10th anniversary this year, and he offered to have a party together in June. Thankfully, I’m hoping that we can leave some kind of an impression with help from people.

As you can see from how instagram is so popular around the world, the speed of information is getting so fast compared to a few years ago. When you want to give out information via SNS, it’s most effective to let out the day before. So, as the party in June, I feel people are expecting things to happen randomly. To be honest, the “PHIRE WIRE” party was decided to be held the day before lol. I used the explosive power and announced through SNS, and the party was packed! VIRGIL ABLOH from “OFF-WHITE” turnout to DJ without notice and it was awesome! What was even better was that he mentioned that it was one of the best parties he’s ever been to! I felt that speediness and power is the most important. So I think our anniversary “something” will be notified via SNS, so please keep an eye on us!


 


-2015秋冬の注目ブランドは? また国内外問わずスタイルを注目している方はいらっしゃいますか?


注目をしているブランドというより、メディアではなく現場を見て感じているのは、どの国も30代前半くらいのデザイナーが凄く元気だなと感じます。彼らを見ているとプレッシャーの中から確実にステップアップしていかなくてはいけないっていう意識が伝わりますね。あと、ここにきて大御所デザイナーと言われる人たちも安定してきているのでそちらにも注目しています。恐らくファストファッションの影響とかもありつつ、一部では古き良き物ももう一度見直されている部分も大きいでしょうね。やっぱり安定感ありますよ。GR8での取り扱いを考えると、注目ブランドは前者にあてはまるブランドになります。やはり場所柄もありますし若いデザイナーのパワーは原宿とマッチしてますね。


その中でも、Universe magazineでも取り上げられた「Gypsy Sports」は、才能をすごく感じています。ヨーロッパにはないアメリカンブラックカルチャー独特のミックス感とプロダクションが融合した絶妙なバランスだと思っています。言葉にすると難しいんですが、海外の方が日本人に感じる、いわゆる「わび・さび」の逆パターンというか、アメリカの「わび・さび」を彼らは具現化しているのをすごく感じます。コレクションを見ているだけで、今のアメリカの背景が明確にイメージできるんです。


でもそうは言っても現在100以上のブランドを扱っているんですが、GR8を成立させるためにはどれも必要なのは確かです。ストリート性とデザイン性の両方を兼ね備えているものが、今のGR8の軸になっています。


 


-Which brands do you have attention on for 2015 A/W? Is there anybody in particular you are checking on their styles?


There are many actually. It's not a particular brand, but I feel that the designers in their early thirties have a lot of energy. I feel that from being in the scene that's not so picked up by the media. They are very serious about their business and I feel their energy to step up from their pressure. Also, the big name designers are very stable too so I am looking into them too. Because of the fast fashion, there good old things are being reconsidered again. They sure are stable. Speaking of GR8, we are more of the former brands. Because of the location, we need some youth in our styles.


By force speaking, I feel a great talent in "Gypsy Sports (http://www.universemagazine.jp/fashion/when-in-rome-gypsy.sport-cirque-d-sport.html)" which haas been featured in Universe Magazine. It has a great balance of loose mixture and production which comes from the American culture and is not much seen in Europe. It's difficult to define in words, but it's like the opposite of the Japanese "Wabi-Sabi" the foreigners see. It's as if they are trying to embody the American "Wabi-Sabi". Just looking at their collection, you can imagine the American culture now.


We deal with more than 100 brands now, but every single brand is important to make GR8 what it is. Both street sides and design sides are important in GR8.


 




 


-現在世界的に見ても「ハイエンドストリート」が勢いありますが、久保さんとしてはその先のファッションシーンの展開をどのように読んでいますか?


最近言われる「ハイエンドストリート」ってなんだろう?という疑問があるんです。それぞれの感性でそういった言葉が生まれるものわかるんですが、僕はそう思ったことが一度もありません。実際その感覚で商品を売ってもいません。恐らく、価格帯の高い、若い子たちの着るストリートファッションをハイエンドストリートと言っているのでしょうね。


ファッションというものは毎年流行があり、その流行が日々進化したものがさらに流行になり、僕の中では流行に流されないものが、GR8の流行になっていくと思います。世界的なシーンの先を語る事や予測する事は僕にはできませんが、着るブランドや着るプロダクトは変わっていっても、恐らく基本的なメンズファッションの資質は変わらないものだと思います。男の子が憧れるファッションって不変的ですよね。


 


-"High-End Street" has great power worldwide, but how do you see the development of the fashion scene beyond that?


First of all, I have this question "What is 'High-End Street'?". I understand that some people have the sensibility to categorize like that, but I've never thought of the styles that way. I don't sell clothes in that categorization. It's just that the clothes cost pretty much. For example, "Rick Owens" doesn't go towards street fashion.


Fashion has a vogue every year and it flows, but there is one thing that I am definitely confident about. It is that people always wear clothes when they go outside. This will never go away. As song as this habit is there, my selection of clothes and styling won't go anywhere and I think I can go farther with clothes.


 




 


-それでは最後に、いまのファッションシーンに求めることは? 足りないなと感じる部分など。


僕が意見するのもおこがましいというのを前提にお話ししますが、まず感じるのは「らしさ」が足りないんじゃないかと感じます。例えば、バイヤーとして現地に飛び、ショーに行き、アフターパーティでみんなと騒いでいる時に毎回目にするのが、会場の壁際で腕を組んで見ているだけのファション業界の方々。そこにいるのだから、9割方ファッションに関わっている方だと思うんです。僕は真ん中で騒いでいるタイプなので、最近は変態扱いになっていると思うんですが (笑)。でも、僕がアフターパーティで様々な国から来ているバイヤーやプレス等のファッション関係者と踊って騒ぐのも、そのブランドのショーの意味を感じることに必要な行動だと思っているからなんです。パーティーではブランドのオフの状態が垣間見える、オンとオフを理解する事がそのブランドの魅力やスタンスを理解する事なので、パーティー=音楽の重要性を感じています。


言いたいのは、皆さんにも同じ権限があるわけですよ。結局そういうちょっとしたことの積み重ねが全てに繋がっていくと思うんですきっと。洋服でもそうなんですけど「皆と同じものを着なきゃいけない」と思う感覚とか、「自分のスタイルを前に出したら、周りからは白い目で見られる」とかっていうのを皆な気にし過ぎているんですよね。もういいじゃんそんなのどうでもって思いますよ!もしかしたらそれが日本人らしさなのかもしれませんが、世界との温度差を埋めるためには意識をもっと高く持つべきだと感じます。結局それが、自分にとってもファッションシーンにとってもいい方向に向かうんじゃないかなと。それを踏まえ、GR8では洋服だけを買うのではなく、ブランドのマインドや趣味嗜好も一緒に持って帰ってもらるよう常に心がけています。


 


-At last, what do you wish for in this fashion scene? What do you feel short of?


I am taking the liberty of saying this but I feel that there is not enough "ish". For example, when I go over seas as a buyer, go to shows and enjoy myself with the fellows at after parties, what I see is the Japanese people that just stand there with their back up on the wall. I assume that 90% of them would be in the fashion business if they are at the party. I'm the type that would be turnt in the center, so people must think I'm the crazy guy lol. I act like that for a reason though. If I go to an after party and the DJ plays my favorite tune, I would go up to the middle of the dance floor and dance because I think it's an important attitude to feel the meaning of the show. I understand that so I can say "What is 'High-End Street'?". It's what you feel.


What I want to say is that everybody has the same authority. Those little things pile up and connect. You can say that to fashion too, but Japanese people think too much like "You have to wear what everybody else is wearing." or "People would think I'm weird if I show my original style of fashion". That is nonsense! That maybe Japanese-ish, but we need to have a higher point of view to fill up the gap between the world. Eventually, that will take us and the fashion scene to a better direction. Therefore, I try to not only sell clothes, but to have people take home that mind in GR8.


 


 


PHOTOS:Tomofumi Nakayama(A.M.G. inc)
TEXT:MAMIZO (English) Tatsuya Nakamura (Japanese)


 


 


 


 


 


 


 


 


DATE : 05.01.2015 | CATEGORY : Details, INTERVIEW

635pxライン画像

    1. 05.01.2015 by UNIVERSE MAGAZINE interview “Catch Up! Meet Up!! Turn Up!!!” GR8 オーナー兼バイヤー『久保光博』 | AMG

      […] on UNIVERSE MAGAZINE […]

    2. 04.16.2019 by ロレックス スーパーコピー 安心

      激安特価で販売中!グッチ偽物バッグ
      ギフト以来低価格、高品質且つ豊富な品揃えで多くのお客様から支持と
      信頼を得ております。
      新作バッグや 財布など情報満載!激安特価で販売中!
      主な販売2019年最新作ブランドコピー新品
      100%品質保証!満足保障!
      当店商品:送┃  料┃  無┃  料┃

THROWBACK