Y-3Y-3
Interview with MEGA from BLVCK SCVLE
 

2011.06.27

 

サンフランシスコ発のストリートブランド、BLVCK SCVLE(ブラックスケール)。黒を基調にデザインされたアイテムは、ストリートとハイエンドの要素が融合すると共に、ブランドの世界観がグラフィックを通して表現されている。ブランドのオーナーであるMEGAは、毎コレクションごとにストーリーボードを作成し、コレクションがまるで一つの人生の物語になるように構成。2007年のブランド発足以来、DIAMOND SUPPLY CO(ダイアモンド・サプライ)、ROGUE STATUS(ログ・ステイタス)、CROOKS&CASTLES(クルックス&キャッスルズ)、DTA(DON'T TRUST ANYONE)等の人気ブランドとコラボレーションを果たし、現在注目のブランドに成長させた。

 

 

Street brand  BLVCK SCVLE from San Francisco. The items based on black is not only a mixture of street and high-end but the image of the brand is expressed through graphic art. Mega the owner of this brand makes a story board for each collection, and makes as the whole collection is one story of life. Since 2007 when the brand launched, it has collaborated with popular brands such as DIAMOND SUPPLY CO, ROGUE STATUS, CROOKS & CASTLES and DTA (DON'T TRUST ANYONE). It has grown to be one of the most remarkable brands.

 



Universe :まず始めに、バックグラウンドやブランドを始めるにいたった経緯を教えて下さい?

Mega:10年前にサンフランシスコのスケートショップ、HUFで働いたことがきっかけでこの業界に入ったんだ。始めは客としてショップに遊びに行ってたんだけど、そのうち、セールスの仕事をもらい、店員として働き、マネージャーとバイイングを担当したよ。そんな中、HUFがアパレルのラインをスタートしたから、同時にセールスとディストリビューションも担当したんだ。そしてロスに店をオープンしてからは、僕がロス店のマネージャーになったというわけ。BLVCK SCVLEを始めたのは、ロスに行く3年半くらい前かな。遊び感覚でBLVCK SCVLEのTシャツを4型作ったのが全ての始まりだよ。

 

 

 

Universe :First tell us about your background and how you started the brand.

Mega:I started this industry in HUF about 10 years ago. I was a customer and then i was a retail. I worked on the floor selling shoes. From there, I started running the store and then managing all the HUF in San Francisco and buying. And then HUF started a line and I start doing sales distribution. Then from there, HUF opened in LA and I took over LA. I started  BLVCK SCVLE about 3 and a half years before I went to LA. We started with 4 T-shirts for fun.

 

 

Universe:さらに詳しくブランドを始めたきっかけを教えてもらえますか?

Mega:常に自分のブランドをやりたいと思っていたし、アイデアもあったね。Keith(Hufのオーナー)が、ブランド立ち上げたいならやれよ!って言ってくれたことをきっかけにTシャツを作りを始めたんだ。そしてそれを、HUFで販売したら、何と一日に100枚売れたんだよ!正直ビジネスのこと考えずに、ただ楽しくてTシャツデザインしただけだったから、僕が一番驚いたね。全て友達がサポートしてくれて、Tシャツを他のストリート系のブティックに営業したら、取引きしてくれることになったりと、こうしてブランドが誕生したんだ。ブランドは僕の想像以上に大きくなってくれて、HUFとBLVCK SCVLEの両方を掛け持ちすることが難しくなってきたから、HUFを辞めブランドにフルタイムでフォーカスすることにしたんだ。

 

 

 

Universe:What was the motivation for you to start your own brand?

Mega:I've always wanted to have my own brand and we had ideas. Keith (owner of HUF) was actually like, "If you guys want to do it, you guys should do it.!" so we started with T-shirts and we started selling them at the HUF store and would sell like 100s a day of our own T-shirts! We didn't think it would be a business but it was all our friends who supported. And then from there, I offered the T-shirts to the key accounts in America and they picked it up. And  BLVCK SCVLE started. It got to a point where it grew so much that I couldn't handle doing BLVCK SCVLE and HUF no more so I left HUF and do BLVCK SCVLE on one side.

 

 

Universe:ブランドのコンセプトは?

Mega:ブランド名にコンセプトが込められているんだ。Blackは全ての色の中で欠けている色であり、Scaleは人生のバランス。みんな人間として毎日たくさんの事を乗り越え、新しい事を発見したり、どこにたどり着くのだろうか、どのようにして人生の目的地に達することができるのか模索していると思う。僕は、目的地にたどり着いた時に、全ての事が明らかになると感じている。これがBLVCK SCVLEのコンセプトだよ。

 

 

 

Universe:What's your brand concept?

Mega:Black is not the color. It's the absence of all the colors. Scale is the balance of life. It's everyday life. BLVCK SCVLE  is what we go through everyday as people. Figuring out ,trying to see where we go and how we get to our destination. For me, I wouldn't know till I'm dead and till that time, everything is figuring it out. Thats what BLVCK SCVLE is about.

 

 

Universe:デザインのインスピレーションはどこから?

Mega:大半は歴史からインスピレーションを得ているかな。アメリカの歴史の本やシークレット・ソサエティの本。それにセイタニック(悪魔崇拝)の本とか。ダークサイドの本が多いけど、その他にもルネッサンスのアートや、毎日目にするストリートやそこにいる人々からもインスピレーションを受けているよ。

 

 

 

Universe:Where is your design inspiration coming from?

Mega:A lot of it comes from history. Just a lot of reading, a lot of books from the past. Anything from American history, and a lot of secret society books , a lot of satanic books, all the dark side mainly, and a lot of renaissance arts. And then people. Everyday people that I see on the streets.  

 

 

Universe:NYにショップをオープンしたのはいつですか?きっかけは?

Mega:2010年のブラック・フライデー(11月の第4木曜日の感謝祭の翌日の金曜日)にオープンしたよ。きっかけは、NYにショップスペースを探しに来た時、エリザベス・ストリートにあったオリジナルのSSURストアーのDavidと Russを訪ねたんだ。僕は彼らのスペースを凄く気にいり、そしてロスに戻ってからRussにBLVCK SCVLEとコラボのストアーをやることに興味あるか聞いたんだ。こうして、NYの「BLVCK SCVLE SSUR Plus」ストアーがオープンしたというわけ。サンフランシスコは、BLVCK SCVLEのオンリーショップだけど、他のブランドも取り扱っているよ。

 

 

 

Universe:When did you open the store in New York and how did you start it?

Mega:We opened in New York City in 2010 on Black Friday. I came to New York to look for space and I visited David and Russ at the original SSUR store on Elizabeth Street and I fell in love with the space. I went back to LA and asked Russ if he's willing to do a colab store. Thats how BLVCK SCVLE SSUR PLUS store opened. San Francisco is the BLVCK SCVLE  store but we carry other brands in there too.

 

 

Universe:ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークのキッズのテイストに違いはありますか?

Mega:この3都市は全く違うマーケットだと思うよ。ニューヨークはやっぱり流行の先端だね。4つの季節があるし、ちゃんと4シーズンごとのコレクションをサポートしてくれてるよ。これはサンフランシスコも一緒だね。ロスはほとんどがブラックのデニム、ブラックのスニーカー、ブラックのTシャツ、ブラックのキャップを好んで、すごいシンプルだと思う。ニューヨークのお客さんは、アウターウエアから、アクセサリ−までみんな買ってくれるよ。サンフランシスコのお客さんも同じだね。サンフランシスコとニューヨークはすごい似ていると思うな。両都市ともに、みんな買い物するのが好きだけど、ロスはどちらかというとイメージ重視かな。

 

 

 

Universe:You know both markets east coast and west coast. Is there any difference of the taste of the kids in LA, San Francisco and New York?

Mega:It's totally different market places. New York is way ahead. They got all four weathers so they can support all the season. Same in San Francisco. In LA, it's mostly black jeans, black shoes, black T-shirts and black caps. The customers are very simple. In New York, they'd buy anything from outer wear and accessories. Same in San Francisco. San Francisco and New York are very alike. In LA, it's more the image.

 

 

Universe:日本での販売はしていますか?

Mega:日本での販売はCalquinto Co., Ltdがディストリュビューターだよ。昨年スタートしたばっかだけど、すごくいい感じだね。彼らは、僕たちのビジネスが成長できるよう本当にヘルプしてくれるし、全く違うサイドのビジネスを学ぶチャンスもできたね。日本のビジネスはオーガナイズされているから、彼らと仕事することで僕たちも上手くオーガナイズできるようになったと思う。日本は、30~40件くらい卸しているよ。

 

 

 

Universe:Do you sell in japan?

Mega:We sell in Japan. We sell to Calquinto Co., Ltd  is our distribution out there. We started with them last year, and its been great. They're really helping us in our business overall because we get to learn a different side of business. I think dealing with Japanese business is a little more organized and it keeps us more organized too. We have 30-40 accounts.

 

 

Universe:2011秋/冬コレクションのテーマを教えて下さい?

Mega:秋コレクションのタイトルは、「未知のコレクション」。このタイトルの定義は、「知られていない、とか、よく知られていない、または、未知の価値や数のこと」を指すんだ。冬コレクションのタイトルは、「邪悪な行為を捕らえる」。「捕らえる」という意味は、「突然ぎゅっとつかんだり、心の中で把握したり、正確に理解したり、力ずくに、または、思うままに、所有物を取ること」。「邪悪な行為」は、「暗闇の状態や特質、明かりのないこと、悪意や悪」という意味だよ。

 

 

 

Universe:What is the theme of Fall/Winter 2011?

Mega:Fall 11 is named "The Unknown Collection".  Our definition of unknown is: "not known or not well-known; also having an unknown value <an unknown quantity>". Winter 11 is called "Seize The Darkness". Our definition of seize is: "to take hold of suddenly or forcibly; grasp: to grasp mentally; understand clearly and completely: to take posesion of by force or at will". Our definition of darkness is: "the state or quality of being dark: absence or deficiency of light: wickedness or evil".

 

 

Universe:ご自身のブランドとして、最も誇れる部分は何ですか?

Mega:スタッフだね! スタッフがいなかったら、ブランドは存在しない。僕達はみんな違う環境で育っているし、違うバックグランドだからこそ、みんなの個性がブランドをもっと一つのものにしてくれてると思う。それぞれにいろんな要素をインプットしてくれるから、片寄りのないしっかりしたブランドとして作りあがっているんじゃないかな。

 

 

 

Universe:What part of the brand are you most proud of and why?

Mega:I think the staff! Without the staff there will be no brand. Everyone in the staff is from a different place, different background, and I think it makes the brand more whole. Everyone has an input so it builds a more complete brand, rather than just one mind, one person. Then it's just one way.

 

 

Universe:スタッフ各自の個性が異なるからこそ、もっと幅広いターゲット層の顧客にアピールできるってことですね!

Mega:その通りだよ!

 

 

Universe:So you can target a larger audience because you have the uniqueness of each staff!

Mega:Exactly!

 

 

Universe:今後どんなブランディングを予定していますか?

Mega:マーケティングでは、ビデオとオンラインブログに力を入れる予定だよ。ビデオはお客さんに僕達の商品を知ってもらえるきっかけになるしね。ほとんどの人は、僕らの商品を見た時に、グラフィックの意味が分かりずらいんだけど、ビデオを見ることによってグラフィックをもう少し理解できるようになると思う。

 

 

 

Universe:What kind of branding are you planning to do in the future?

Mega:On marketing, we've been through a lot of video. The online world is humongous so we're very strong on the online world with marketing. The user which is the consumer get to see what we talk about on our videos. A lot of the people when they look at our products they're confused because they don't know what our graphics are about. But when they look at our videos, they get a better sense of what we're doing.

 

 

Universe:今後どんなブランドに創り上げていきたいですか?また、憧れているブランドはありますか?

Mega:たくさんのブランドが僕をインスパイアしているけど、お気に入りは、GIVENCHY、BALMAIN、 DIOR HOMMEのハイエンドだったり、日本のNEIGHBORHOOD、 WTAPSや、 Supreme等のストリートウエアも好きだね。みんなそれぞれに違うから、一つのブランドを選んでこうなりたいと言うのは難しいね。むしろ、みんなを一つにまとめて自分達がやっているブランドに混ぜていけたら理想かも。もちろんそれは、ブランドのルックスをマネするのではなくマーケティングやブランディング戦略のことだよ。それぞれ異なったタイプのお客さんを持っているから、いつか彼らみたいに、幅広い客層がゲットできたらいいな。

 

 

 

Universe:Is there a brand out there that you wanna be like them?

Mega:A lot of brands inspire me. My favorite brands can be all the way from GIVENCHY BALMAIN,  and DIOR HOMME for high-end to NIGHBORHOOD in Japan, WRAPS, and SUPREME for street brands. It7s a wide inspiration cause they're so different so I just cant pick one brand. If I wanna be like them, I gotta take a bunch of them and hybrid it. That's what we're doing but not look like them at all. They all have a different audience, but it would be really nice if I can get all their audience one day.

 

 

Universe:最後に東北地方太平洋沖地震被災者へ応援メッセージをお願いします!

Mega:僕はサンフランシスコ出身だから、地震はよく起こるし、幼少時の大きい地震(1989年サンフランシスコ地震)にあったことがある。僕と父親が橋にいて、その橋が崩壊したんだ。日本の被害者達がどんな気持ちかよく理解できるし、みんな元気で頑張っていることを祈るのみだよ。国内外からのヘルプが一日でも早く復興に繋がっていくはずさ。(2005年の大型ハリケーン、カトリーナの被害にあった)ルイジアナ州も、数年前に大きな建設工事をしてニューオリンズが復活しているから、日本もすぐに復活できると信じているよ。

 

 

 

Universe:At last what would you like to say to Japanese earthquake victims?

Mega:When you come from San Francisco, earthquakes are very common. I've been in a big earthquake (1989 San Francisco earthquake). Me and my father, we we're on a bridge and it collapsed. So I definitely understand what it is for everyone in japan. I hope just everyone's doing well and think with the help of everybody in the country and everyone else in other countries it could be rebuilt fast. We got a big destruction in Louisiana a couple years back (2005 Hurricane Katrina) and now they're back and rolling. I think it's gonna be good for Japan as well.

 

 

<Black Scale Crew>
Mega – Co-Founder
Alfred – Co-Founder
Rob – Designer
Dave – NY store manager
Sean – Photographer


www.black-scale.com
www.calquinto.jp/blackscale/

 

Photo:Pete Monsanto
Interview&Japanese Text:Mimi Tamaoki
English Text:MAMIZO

 




DATE : 06.27.2011 | CATEGORY : FASHION

635pxライン画像

THROWBACK