Y-3Y-3
Jacky Tang @ Opening Ceremony New York -Introduces His Spring Look-
 

2014.05.20

Jacky Tang @ Opening Ceremony - NY Introduces His Spring Look



ニューヨークのテイストメーカーとしても知られる
ジャッキー・タン氏のスプリング・スタイルを分析。


2002年にウンベルト・レオン氏とキャロル・リム氏が、ニューヨーク拠点にスタートしたセレクトショップ “OPENING CEREMONY”。チャイナタウンとソーホーの間、ハワード・ストリートに位置するショップは、昨年の8月にメンズフロアを拡大オープンし、更にグレードアップ。斬新なアイディア溢れるセレクト、オリジナルブランドやコラボレーション商品も数多く展開し、アパレルの他にも、ホームグッズ、書籍や音楽等のアイテムも取り揃えるなど、ライフスタイル的なアプローチを取り入れていることでも注目されている。東京には3店舗 (表参道フラッグシップ、渋谷パルコ店、新宿パルコ店)、ロンドン、ロサンゼルス、そして、ニューヨークに2店舗 (ダウンタウン店、ACEホテル内) のショップを構え、今では国境を超えてファッション界から崇拝される高感度セレクトショップとして君臨している。今回は、ニューヨーク店でブランド/小売店開発の副社長として活躍する “ジャッキー・タン” 氏に、彼のスプリング・スタイルを紹介してもらうと共に、インタビューを敢行した。








ーまず始めに、あなたのバックグランドとOPENING CEREMONY(以下、OC) との出会いを教えてください。ー

僕は、もともとハワイ出身で、大学時代の時パートタイムとして働いたディーゼルが、この業界への始まりなんだ。ディーゼルで、サンフランシスコに移り、そして、ニューヨークが着地点だった。その後に、ルイ・ヴィトンでも働いた経験があるよ。その当時、ニューヨークのシーンでハングアウトしているうちに、今のOCのオーナーである、ウンベルト・リオンに出会い、彼と彼のパートナーでもある、キャロル・リムがオーナー&クリエイティブ・ディレクターを務めるオープニングセレモニーのコンセプトに感激して、2007年からOCストアの経営を任され、現在は、ブランド/小売店開発の副社長を担当させてもらっている。

ーOCは、今のファッションシーンをリードしているお店でもあると思いますが、どんなお客様が来店されますか?また、セレブ・クライアントの事も聞かせてください。ー

幅広い層の方達をターゲットにしているのは間違いないね。数年前から、音楽シーンでもお洒落なファッションアプローチが更に重要視され、たくさんのセレブ達がOCからインスピレーションを得たと思うし、OCは、そのファッション変遷の一部でもあると思う。スタイリストがアーティストのために、買い物しにくることもあれば、アーティスト自身が来店することもあるんだ。OCとアーティストとの繋がりは、凄い自然体だし、ファッションだけではなく、その裏側にあるカルチャーやライフスタイルまで、ここでは体験することができるからね。

過去には、レディ・ガガやエイサップ ロッキーがビデオ撮影でニューヨーク店を使ったことがあるし、ソランジュとはコラボやイベントをやったりしたこともあるよ。最近だと、プシャ・Tとイタリアのデザイナー、マルセロ・バーロンのカプセルコレクションをエクスクルーシブに取り扱ったりもしたね。その他、アートシーンからだと、ビャーネ・メルガードというノルウェー出身/NY拠点のペインターもよく来店するんだ。彼のアートは凄いクールだよ。


Jacky Tang @ Opening Ceremony - NY Introduces His Spring Look

シャツ:元HBAのデザイナー、ラウール・ロベズのブランドLuar Zepol (オープニングセレモニーNY店取り扱いアイテム)




Jacky Tang @ Opening Ceremony - NY Introduces His Spring Look


Jacky Tang @ Opening Ceremony - NY Introduces His Spring Look




NEXT













DATE : 05.20.2014 | CATEGORY : FASHION

635pxライン画像

THROWBACK