Y-3Y-3
“MAGIC STICK x WIRED WW” 初となるコラボレーションウオッチ が発売
 

2020.07.22

“MAGIC STICK x WIRED WW”初となるコラボレーションウオッチが発売 “MAGIC STICK x WIRED WW”初となるコラボレーションウオッチが発売 “MAGIC STICK x WIRED WW”初となるコラボレーションウオッチが発売 “MAGIC STICK x WIRED WW”初となるコラボレーションウオッチが発売 “MAGIC STICK x WIRED WW”初となるコラボレーションウオッチが発売 “MAGIC STICK x WIRED WW”初となるコラボレーションウオッチが発売



5名の写真家によるデジタルフォトエキシビジョンも期間限定開催


日本を代表するストリートファッションブランド“MAGIC STICK”と、東京のストリートカルチャーをバックボーンに時計を新たな切り口で再構築することをコンセプトに生まれた、SEIKOの“WIRED WW” が初となるコラボレーションウオッチが7月24日(金)の発売前から話題を呼んでいる。


本コラボレーションでは、MAGIC STICKのバックグラウンドにあるナイトクラブや高級リカー、VIP的ラグジュアリー感をイメージソースに、時針・分針には輝度の高いエメラルドブルーのルミブライトを採用し、ナイトクラブのネオンライトやブラックライトを表現。ベルト部分はクリアのクロコダイルパターンをプリントし、本体部分にはメタルパーツを配置、そしてヘアラインのないマットで重厚なブラックメタルを使用することで高級感を加えている


また、裏蓋にはリミテッドナンバーの刻印、文字盤にはこのモデルが日本のみの販売であることの証である“JP EXCLUSIVE”という文字と、「世界中の誰もが忘れることのない2020年」を意味するメモリアルなクイックストライク品番も記載。さらに“MAGIC STICK”を連想させるキャッチーなネオンイエローのNATOタイプエクストラバンドも付属。このスペシャルバンドを同梱するため、インラインにはない専用のスライドオープンボックスも特別に制作されている。


もちろんボックスにも高級リカーをイメージした全面クロコダイルのエンボスパターンに光り輝くホイルプリントを施すなど、随所にこだわりがつめこまれたエクスクルーシブモデルに仕上がっている。どっからどう見ても売り切れ必須の要素しかない、スペシャルコラボレーションアイテムなのでお見逃しなく。MAGIC STICKオフィシャルストア、monkey time BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS各店舗、チックタック等WIRED WW取扱店の一部でエクスクルーシブで販売。


また、このスペシャルなコラボレーションウオッチの発売を記念し、MAGIC STICKと親交のある5人の写真家たちが時計をベースに各々の世界観で撮りおろした、スペシャルなデジタルフォトエキシビジョンを期間限定開催。


クラブカルチャーからのインスピレーションで、バイナルレコードのDIRTY ver.、CLEAN ver.の2バージョンをMAGIC STICK、WIREDのサイトに、それぞれ2つのバーチャルワールドで制作。同じコンテンツでありながら2つの世界観を各サイトで楽しめる仕掛けとなっている。




RK

1982年茨城県生まれ。グラフィックデザイン会社に勤務する傍ら、2013年よりiPhoneのみを使用した撮影とエディットを開始。2014年にInstagram OfficialよりSuggested Userに選出。2017年にはApple銀座にてイベントを開催。グラフィックデザイナーやDJとして活躍しながら、本格的にフォトグラファーの道へ進む。Instagramでは密集感のある写真を発表し、絶大な支持を得る。2018年4月よりフリーランスに転身。様々なジャンルのブランドとのコラボレーションも行い、アジアを中心に精力的に活動中。フォトグラファー・グラフィックデザイン・DJなどマルチに活躍するRKは、2013年にランニングクルー『AFE TOKYO』の専属iPhone Photographerとして一躍注目を集める存在となった。その後、一眼レフに切り替え、『秋葉原のおじいちゃん』や『台北大橋のバイク』など数々の自身の代表作を生み出す。また、instagram公式アカウントでも富士吉田市での作品がシェアされ、自身のフォロワー数も50万人を超えるなど、現在注目されている日本人アーティストのひとりである。村上隆やKAWSを始め、TYGA、Naomiなど数々の著名人のポートレート、ストリート、建造物、自然などを幻想的な色彩で切り撮るRKの作品は、日本に留まららず多くの海外メディアにも取り上げられている。

instagram:@rkrkrk




KEITA SUZUKI


様々な雑誌やWeb媒体、カタログでのフォトグラファーとして活躍し、国内問わず多くのアーティストのポートレイト写真、ライブ写真も手掛ける。写真だけでなく、ムービー、グラフィックなど多様な手法で表現を続ける。

instagram:@keitasuzuki_pd




Yuji Kaneko.


1984年生まれ神奈川県横浜市出身。2006年から2013年まで、日本のストリートシーンにおいて多大な影響を与えたアパレルブランド「NITRAID」にスタッフとして所属。その後写真家としてのキャリアをスタートさせ、現在に至るまで国内外の様々なアーティストを撮影。2019年4月に初の単独展示「sleep is the cousin of death」を東京、札幌で開催。7月には長年交友のあるNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのデビュー20周年記念ライブ「LIVE19」の模様を、切り取った写真展「DSPTCH Å~NITRO MICROPHONE UNDERGROUND featuring cherry chill will / Yuji Kaneko“LIVE19” Photo Exhibition」をcherry chill will氏と開催。2020年3月、およそ1年間撮り続け、約20000カットに及ぶ写真の中から選りすぐった舐達麻との写真展「LIFE STASH”」を開催。アーティストの様々なライブの他、アパレルブランドのルック撮影もこなす、東京で幅広く活動している写真家の一人。
instagram:@__ug__




Masatoshi Yamashiro


NYにてフォトグラフィーを学び、LAでフリーランスとしてデビューする。現在は東京を拠点とし国内外有名アーティストやタレントポートレート撮影、ファッション誌、広告など様々な分野の人物撮影を手がける。また自身で出版する雑誌NO magazine Tokyo (@no_magazine_tokyo)のクリエティブディレクターも兼任。

instagram:@masatoshiyamashiro
WEB SITE:www.masatoshiyamashiro.com




Matthew George Sperzel


ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ、コペンハーゲン、上海で5年前に写真のエディトリアルを担当したことから業界でのキャリアをスタート。現在は東京を拠点にファッションとライフスタイルの撮影監督を務め、近年ではスチールだけに止まらず、ブランドのイメージ映像なども手掛けている。これまでにVogue(米国、英国、パリ、日本、中国版)、ELLE(米国、英国、ロシア、イタリア版)、GQ&英国GQ、Harper’s Bazaar、V Magazine&VMAN、Nylon、WWD、Vanity Fair、Esquire US&UK、Porter&Mr Porter、Essence、TIME、Hiroine&Grailed、The Modist、F*cking Young、New York Timesなど、多くのメディアやブランドと携わっている。

instagram:@mgsperz

https://www.instagram.com/mgsperz/


 


今回のコラボレーション企画はここで終わらないのが凄いところ。さらには、MAGIC STICK DIRTY verではMAGIC STICKと親交の深い、いま日本で一番人気のDJ KEKKEによるスペシャルミックスも視聴可能。MAGIC STICKでしか出来ない多数のアーティストのスペシャルシャウトや現在の世界の状況、問題に目を向けた選曲など、ただ流行りの曲を選曲したミックスではなく、ブランドして、デザイナーとしての意味を込めた仕上がりはさすがだ。


そして最後にもう一つ!MAGIC STICK特設のDIRTY verのみのスペシャルコンテンツとして、サイト内に設けられたsouvenir shopではリリースを記念し、東京で生まれ育ったブランドのローカルマインドとTokyo Olympicイヤーに因んで23区を連想させるた23枚限定のエクスクルーシブTシャツも発売。時計本体からのデザインフックで、初となるクロコダイルパターンを採用し、時針、分針とカラーマッチングしたプリントが入り、90年代から原宿カルチャーを支えてきた手刷りに拘ったプリントファクトリーで職人が一点一点刷る拘りのグラフィックTシャツに仕上がっている。


 


■INFO:
商品・デジタルフォトエキシビジョンに関するお問い合わせ先:
MAGIC STICK TOKYO | 03-6434-5504
商品に関する問い合わせ先:
セイコーウオッチ(株)お客様相談室 | 0120-061-012


 


 


DATE : 07.22.2020 | CATEGORY : FASHION

635pxライン画像

THROWBACK