Y-3Y-3
コントラストの妙をみせる MAIDEN NOIR 2019 春夏コレクションに注目
 

2019.02.26

MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR MAIDEN NOIR



強すぎない主張が、心地よいクラス感を演出

[MAIDEN NOIR (メイデンノアール)]の2019 春夏では、芸術家、活動家、そして20世紀半ばの最も影響力のあるランドスケープアーキテクトの一人、ロバート ブール マルクスからインスピレーションを得たコレクションを展開。ロバートの探求基礎ともなったガウチョ地方の大草原「JARDIM DE FLOR (ジャーディム デ フローラ)」をテーマとし、鮮やかなカラー配色を基礎に、アーストーンを複雑に絡みいれたバランス感あるコレクションとなっている。

 


ロバート ブール マルクス:ペインター、プラントコレクターとして有名で、アートとガーデンデザインの融合に情熱を注ぎ、熱帯雨林の植物をベースにしたガーデンスタイルを作り上げた。特に広大な敷地を使用したカラーコントラストのある植物達を使う事を得意とし、コレクションした庭園植物達のために約36万平方メートルもの土地を取得していた程です。後にブラジル政府に寄与し国定記念物に指定されました。


■INFO:MAIDEN NOIR JAPAN | 03-6805-0650

 

 



DATE : 02.26.2019 | CATEGORY : FASHION

635pxライン画像

THROWBACK