Y-3Y-3
オンラインセレクトショップ SEAWORTHY DRY GOODS がオープン。
 

2013.10.23

SEAWORTHY DRY GOODS
衣食住すべての情報を発信し、新しいライフスタイルを提案する。

『Seaworthyとは、航海に適した物という意味を持つ』。

航海を人生と捉え、『Less is More』=『より少ない事は、より豊かな事だ』をコンセプトに、 長く短い人生を生きてゆく上でのパートナーとなり、ライフスタイルを豊かにするアイテムを提案するオンラインセレクトショップ“SEAWORTHY DRY GOODS (シーワーシードライグッズ)”が10月25日にいよいよローンチ。 

こちらのショップはなんと、Universe magazineでも馴染みの深いセレクトショップのスタッフであった、相馬太河氏がオーナーを務める話題のセレクトショップなのだ。メンズ、キッズ衣料を中心に、現地でしか手に入らないような雑貨まで幅広く取り扱い、ファミリーで楽しめるのも魅力である。年内には地元である茨城屈指のサーフタウン鹿嶋に子供服に特化した店舗もオープンするとのことなので、乞うご期待。





相馬太河氏

そして、オーナーの相馬太河氏より熱いメッセージ:

 『LESS IS MORE』とは 『より少ない事は、より豊かな事だ』という意味で 、今の不安定な世の中を生き抜く上でとても重要な キーワードだと感じています。  物心ついた頃から服を好きになり、 既に20数年、服に携わり仕事を始めて10年と、 今まで数多くの“モノ”に消費してきました。  そして30代にさしかかり ようやく自分のスタイルが確立され始め、 よりシンプルな“モノ”、“生き方”に惹かれるようになりました。  人生を生きてゆく上で、本当に必要な物は そんなに多くは無いんじゃないかと気付きました。  

僕にとって服を着るという事は、人に会う際の最低限の礼儀で、 自分という人間を判断してもらうための重要なツールだと思っておりますので、 高かろうがその“モノ”が本当に良い物ならお金をかけても良いと思います。

 だからこそ、より良い“モノ”を 適正価格でご紹介していく事に重きを置いて 服だけでは無く、“衣食住”についても 提案しながらShopを運営していこうと思っておりますので お楽しみに。

 服屋としては、矛盾しているようなコンセプトなのですが、 多くの“モノ”が溢れすぎている今の時代だからこそ 本当に自分にあったスタイルを真剣に考え、自分の意志で選んで行く事が重要だと思います。 付け加えたり飾り立てたりするより、 減らしたりシンプルにする事の方が難しいですが、長年“モノ”を見続けてきた経験を生かしたセレクトで 無駄に消費するだけでなく自分だけのスタイルや生き方を 見つけて頂くお手伝いが出来れば嬉しいです。



■INFO:
SEAWORTHY DRY GOODS 
10月25日オープン http://www.seaworthy-drygoods.jp

 

 

 

 

 

 

 


DATE : 10.23.2013 | CATEGORY : FASHION

635pxライン画像

THROWBACK