Y-3Y-3
TOKYO NEW STYLE GUIDE VOL.2 〜INSIDE OF THE CREATIVE MIND〜
 

2012.02.20

 

 


—エクスクルーシブブランドとして展開しているNISUS HOTELについて教えて下さい。


宇田川氏:デザインは基本的に僕がディレクションして、それを一緒にやっている生産チームが形に落とし込んでいくんですが、Tシャツは特にジャパンメイドにこだわって、生地やシルエットも常にアップデートしながら制作しています。また、定番化するような、ベーシックなアイテムも増やしていきたいと思いまして、この春夏からはオックスフォードシャツを制作してみました。ベーシックでキレイなものだし、僕たちが提案するスタイルには必要なモノでもあるんで。それと、STADIUMでは扱っていないアイテムをこっちで揃えていたりするので、Green Angleならではのスタイルも楽しめると思います。秋冬のアイテムも楽しみにしていて下さい!


—先ほども取り扱いブランドとして上がっていたTHE BROOKLYN CIRCUSとは、宇田川さん個人的にも親交が深いようですね。彼らとはどのような経緯で繋がったのですか。


宇田川氏:彼らがTHE BROOKLYN CIRCUSをオープンした当初から付き合いはありました。当時、彼らの商品を日本でも展開していこうとしたタイミングだったんです。ちょうどそのタイミングで僕が繋がって、STADIUMで扱うようになったんですよね。彼らも日本に興味があって遊びにきていた頃でもあったのもあり、コンタクトをとる機会も増え、気がついたら仲良くなっていましたね(笑)。今回、店に飾るディスプレイ小物をNYへ仕入れに行ったんですけど、デザイナーのOuigiが仕入れに付き合ってくれて、「こんなのはお店にどう」って選んでくれたり、Ouigiのコレクションの中から買ったものもありますし、彼がプレゼンしてくれた物もあたりと、本当に色々協力してくれたのですごく感謝しています。NYのフリーマーケットは掘り出し物がたくさんあって楽しかったですね。もっと色々な物を買ってきたかったけど、持って帰ってこれなくて…。今後もNYに行く際には、お店の什器や小物に使えそうなアイテムは探し続けていくつもりです。


 


—聞くところによると、お店の名前もTHE BROOKLYN CIRCUSのOuigi氏がつけてくれたとか…。


宇田川氏:そうなんです。Ouigiと親しくなったばかりの頃、彼から一緒にブランドをやらないかと話を持ちかけてきてくれたことがあったんです。でも、ちょうどその頃、NISUS HOTELの立ち上げや、STADIUMの仕入れなどで手一杯で、「いつか一緒に何かできたらいいな」というような話のままになってしまったんです。その時にOuigiに提案されていたブランドネームが、「Green Angle」だったんですよ。意味は日本人を意味するイエローとアフリカ系アメリカ人を意味するブラックを合わせるとグリーンになるので、ブラックカルチャーを愛するイエローである僕たち、グリーンの視点、観点で楽しみながら、スタイルを提案していこうということです。店の名前を考えていた時に、そのことを思い出して、Ouigiに「Green Angle」って名前を使いたいんだけど、どうかなと相談したら賛成してくれたんですよね。



まさに“僕たちの視点”からスタイルを提案している宇田川氏は最後に、「原宿からは様々なカルチャーが生まれたと思っています。そんな原宿という町から、僕も、自分たちのフィルターを通した新しいカルチャーを世界へ発信できたらいいなって思います」と語ってくれた。Green Angle含め、30代から楽しむ原宿を是非とも体感してほしい。





宇田川氏がコレクションしたヴィンテージアイテムとセレクトした商品がマッチングしている店内



 

Green Angle
東京都渋谷区神宮前3-27-4
TEL.03-3478-9077
Green Angle Blog 

 

 


DATE : 02.20.2012 | CATEGORY : FASHION

635pxライン画像

THROWBACK