Y-3Y-3
Universe mag Exclusive Interview REUNION PETE ROCK & CL SMOOTH
 

2012.11.20

PETE ROCK & C.L. SMOOTH

伝説のグループが二人揃って来日を果たした!

結成から20年の時を経て、遂にリユニオンを果たした“PETE ROCK & CL SMOOTH”。そこで今回は、先日のビルボードライブ東京で行われたライブ前に、独占インタビューを敢行!慌ただしい最中、ジェントルな態度で応じてくれた二人がとても印象的だった。それでは、彼等の意外な一面も垣間見れたインタビューをお楽しみください!

ーー 誰もが再結成を待ち望んでいて、我々も目のお前でお二人の姿を見れてとても嬉しいです! どのように再結成に至ったのか教えていただけますか?

C.L. SMOOTH(以下CL):色々なプロモーターからオファーがあり、それで20周年を祝うのもいいアイデアだと思ったんだ。なんせもう20年もたったからね。ゆっくり振り返って、「よし」と言ってもいい頃だなと。そろそろ俺らの初めてのフルアルバムを祝うためにも、一緒にやってもいい頃だなと思ったんだ。音楽に対して賛辞を示し、みんなに俺たちがこの時(デビュー当時)やってきたことを再認識してもらうために。

PETE ROCK(以下PETE):いつだって一緒になって音楽を作って、ジャムして、20年前に俺たちが始めたこのプロジェクトの一部でいることは最高さ!これだけ特別で歴史的なことなんだからね。だから、これだけ前に完成したアルバムを、今だに聞いてくれていることのアニバーサリーをできるなんて、本当に嬉しいことだよ。

ーー お二人の曲は今でもよく耳にするし、今聞いてもフレッシュなので、20年も経ったなんて信じられないですね!

CL:まったくその通りだね。

ーーお二人が一緒にライブをされるのはかなり久しぶりですよね?

CL:実は昨年、UKでツアーをまわってたんだ。全講演売り切れでね!でもツアーはまわっていたけど、実際に一緒にパフォーマンスすることはなかった。今回は、この20周年のためだけに新しいショーを作ったし、このアルバム『Mecca and The Soul Brother』の曲だけをやったんだ。だからこのアルバムの曲を全部やることで、このプロジェクトが俺たちにとって何を意味していたか、何を象徴していたかのコラージュみたいになった。今までライブでやったことのない曲もやってるし、俺たちにとってもすごくエキサイティングな挑戦だった。見る価値は充分あるね!

ーー 久しぶりに一緒にライブをされて前とは変わったこと、また、逆に新鮮に感じる事ってなにかありますか?

PETE:パフォーマンスでのケミストリーかな。スタジオに入ってリハーサルする時間よりも、実際にショー的なことをすることに時間を使えた。アルバムの曲をライブに生き返らせるために協力して、物造りがスムーズにできた。

 

REUNION PETE ROCK & C.L. SMOOTH

 

ーー 前よりもいい関係だと思いますか?

CL:いいと思うよ。パフォーマンス的には、大人になって自分の行動をもっと真剣に考えるようになった。若いときはもっと違う風に物事をとらえていたからね。他にやりたいことがたくさん頭の中にあったけど、大人になるにつれて、ある程度肩の荷もおりてくると、過去に自分がやったことのありがたみが分かってくるんだ。そして、こうやって俺たちが過去に成し遂げてきたことの一つであるこのアルバムが20年もの時を経て、いま祝われていることはとてもありがたいと思う。

ーー このライブを作って行く中で大変だったことはありますか?

PETE:ハリケーン・サンディだね。このリハーサルをしているときにこの嵐のことを聞いたんだ。

CL:嵐が来る前にNYを出て、ちょうど去ったときに戻ったんだ。だから惨事だけを見ることになった。

ーー 日本のニュースで見るより、よっぽど被害が大きかったと思いますが。

PETE:そうだね、ニューヨークで見たことないほど酷かったよ。

CL:電気もない、暖もない、水もない。本当に何もないんだ。ただ、俺たちの家族が被害に遭わなかったのが不幸中の幸いだった。こういうことがあると、物事に感謝することを再確認するよね。もっと自分の行動について考えたり、書くことも増える。だからこういう辛い時こそが、この "Mecca and Soul Brother"という活動の意味でもあるんだ。俺らの山あり谷あり、酸いも甘いもを落とし込んでいくんだ。

 

次ぺージへ

 


DATE : 11.20.2012 | CATEGORY : INTERVIEW

635pxライン画像

THROWBACK