Y-3Y-3
発売間近! Budamunk『Blunted Monkey Fist』インタビュー
 

2011.11.10

budamunk_bmf

 

東京発信、世界水準の話題のプロデューサーBudamunk。日本人離れした感覚で次々に発表されていく彼の作品は、どれをとっても他に類をみないオリジナリティーのかたまりである。一度聴くと耳を離れない、不思議な感覚に陥る独特なテンポのビートを引っさげた最新アルバム『Blunted Monkey Fist』の発売に先立ちインタビューを敢行した。

 

 

Universe:『Blunted Monkey Fist』のコンセプトを教えて頂けますか?

Budamunk:そうですね。今回のアルバムは、アジアっぽさを全面的に出すことをコンセプトに制作しました。元々ウータンとかにも凄く影響を受けていたので、そういうノリも入れつつですね。ただ、特に意識したのは、アジア全体ということです。サンプルしているのはカンフー映画とかだけではなく、中国や日本の古いレコード、それに歴史あるトラディショナルな音楽とかがほとんどです。映画のサントラも使いましたけど、サントラの場合は、全てアジアっぽい音楽が使われている訳ではないんで。そういうちょっと変則的な感じもちょいちょい出てきます(笑)。

Universe:アルバムタイトルである『Blunted Monkey Fist』はどういった意味合いを込めて付けられたんですか?

Budamunk:昔のカンフー映画っぽい名前を付けたかったんですよ。よくカンフー映画のタイトルに何とかフィストみたいなタイトルが多いじゃないですか。日本語で言ったら~拳(例.酔拳など)ですかね。なので自分なりに架空の拳を作って付けました。

Universe:アルバムジャケットのアートワークはどなたが?

Budamunk:今回自分で描きました。ミックスCDでは描いたことはあったんですけどね。

Universe:これは手描きですか?

Budamunk:そうですね。そんな絵を描く人ではないんですけどね。LAに居た時にみんな集まると、俺はがビートをかけて、そのビートを聞きながらMCの奴がリリック書いてる間ってやることが無いじゃないですか(笑)。なので、その時とかに絵を描いてました。

 

 

Budamunk Blunted Monkey Fist

 

 

Universe:なるほど。遊びの中で学んだ事を実践に活かせるって素晴らしいですね!では次に、このアルバムではフィーチャリングするアーティストを先に決めてからビートの制作に入ったんですか?

Budamunk:そういう訳ではないですね。基本的にビートは常に作りためているので、その中からどれをこのアルバムに使おうかなって所から始り、足りない分はちょっと足しました。「今回はこんな感じでやるから、こうしようか」みたいな感じの作り方は、あまり好きじゃないんで。自分で聴きたい音を作りたいんで、何かに合わせてというよりかは、ストックの中から合う音を探すスタイルです。MCに関しては基本仲の良い友達です。なのでMCにビートを選んでもらったりしました。実はMeccaGodZillaがフィーチャリングしている曲は、彼と彼の友達が日本に来ている時に収録した曲で、ビートもたまたま今回のコンセプトに合っていたので、入れたんですよ。そういうのもあります(笑)。「Fatal Strike」って曲も、S.l.a.c.kの家に遊びに行った時にそこにいたメンツで録った曲です。

Universe:リードトラックの2曲は特にアジアのテイストが全面的に前に出いるにも関わらず、凄くアジア以外の国を連想させる雰囲気があると感じたのですが、そういった部分も意識していたりするのですか?

Budamunk:多分、Hip Hopという要素は崩したくなかったからですかね。アジアっぽいサンプルを使っただけで、根底にあるものは何も変わっていないので。ノリとか、ドラムの打ち方とかも絶対にいつも変えません。今までもやってきた事なんですけど、今回は作品としてアジアのテイストにまとめたかっただけだから、そういう風にも捉えられたのかもしれないです。あとはいかに飽きさせないループを組むかというとこも力を入れましたね。ビートって動きがないとつまらないと思っているので。

Universe:最後に来年に向けての活動について教えてください。

Budamunk:年内にもう一枚アルバムを出すので、その流れでいい感じに行けたらなと思います。あとは自分のクルーであるSouljugglerzであったりインストのアルバム何かもリリースしたいなと思っています。

 

















 

TITLE:Blunted Monky Fist(ブランテッド・モンキー・フィスト)
LABEL:King Tone Records / Jazzy Sport Productions
PRICE:¥2,100
発売日:2011.11.16


お問い合わせ:Jazzy Sport Productions / TEL : 03-6452-3918



Text:Universe magazine

 

 


DATE : 11.10.2011 | CATEGORY : MUSIC

635pxライン画像

THROWBACK