Y-3Y-3
注目のアーティスト “Niyke Rovin” スペシャルインタビュー
 

2015.03.16

  • Niyke Rovin
    Niyke Rovin



東京屈指のヒップホップ・パーティ「A+ TOKYO」でのバトル制覇やB-BOY PARK への出演、JOYSTICKK やMr.Low-D、KUTS DA COYOTE、KOWICHI、YOUNG FREEZ ら、数々のアーティストとコラボレーションし、その名が広くシーン内で知られているサイレント・ヒル(=静岡)代表のネクストブレイク必至なラッパー「Niyke Rovin (ニケ・ロビン)」。DJ TY-KOHやJOYSTICKK、KOWICHI、JAZEE MINORらが参加した待望のデビュー・アルバム『AMAZING STORY』のリリースを記念し、ディープに語ってもらったインタビューを公開。


 


 


Q. 待望のデビューアルバムとなりますが、アルバムの構想はいつごろどのように始まったんですか?


A. アルバム自体は、前回のEP『ROVINZHOOD』を作っていた時点で既に作らなきゃという気持ちはずっとあって。でも自分の中で、どんなアルバムを作ればいいか、どんなアルバムが作りたいとかそーゆーのが、全然なかったんです。元々、前回のEPも自分個人名義では初めての作品だったんですけど、それ以前はライブだけはずっとやり続けてて、その中で、EPを出す2、3年前ぐらいからずっとライブでやってきてた曲が溜まってきててどーしようかと思って居た時に、仲間の一人がそろそろ作品作ろうぜって言ってくれて、それで仲間達の協力の元、出せた作品なんですけど、やっとEPを出せてこれからだって時に、凄い色々な出来事が自分の周りで次々と起きて、その中で自分を見つめ直す時間が出来たんです。そんな中で、自分のレーベルメイトのDIAMOND FAMILIAがアルバムを出す為に頑張っている姿をみたりして、俺もやらなきゃなって。恩返ししなきゃなって、次は俺の番だなって思ったのが始まりですね。


Q. アルバム全体の音の方向性はどのように決めたんでしょうか?


A. 音の方向性はホント自分の好きな音、興味がある事だけをやりました。元々、ミーハーなところがあるので新しい事にも色々挑戦したつもりです。トラックも元々繋がりがある人とだけでやらせてもらったので、間違いないヤバい曲が集まりました。


Q. 曲作りやレコーディングなど制作面で、特に力を入れたことや苦労はございましたか?


A. 今回、レコーディングとミキシングをやってもらった人が色々と指導してくださって、この人がいなかったら今回のアルバムは出来ていなかったと思います。特に力を入れた事や苦労した事はなかったんですが、今まで気付けなかった事や、レコーディングの仕方など新しい発見の連続でした。毎回レコーディングしに行くのが楽しみでしょうがなかったです。次はどんな事が発見出来るんだろうって。ホントに楽しかったです。強いて言うなら、なるべく聴きやすいように、内容が分かりやすいように作りました。


Q. 客演陣やプロデューサーとの曲作りについてのエピソードなどもあれば聞かせてください。


A. 元々繋がりのあった人達や、仲の良い人達にお願いしたので、スムーズにレコーディングも進みました。(YOUNG)HASTLE君やDOGMA君とはよく遊んでもらっているので、一緒に曲が出来てホントに嬉しかったですね。KOWICHIはタメだし、JOY君(JOYSTICKK)はお兄ちゃんみたいな感じです。TY-KOH君とはずっと一緒に曲をやりたいと思っていて、めちゃくちゃブチアガルパーティーチューンが作りたいんですって言ったら、二つ返事で一緒にやってくれるって言って凄い嬉しかったです。JAZEE(MINOR)は昔から知ってたんですけど、十影君とかヤンフリ(YOUNG FREEZ)とかと遊ぶようになって、曲とかも聴いてずっと一緒にやりたいなと思ってたのでやっと一緒に出来て嬉しかったです。それから今回、唯一女のコのElle TeresaっていうラッパーをFeat.しているんですが、元々ダンサーなんですけど、まだ17歳で。ラップを初めてまだ一ヶ月とかだったんですけど、ラップやってみなよって言ったら一ヶ月で10曲以上作ってきて。コイツヤベェーなってなって一緒に曲を作ってみたらクソヤバい曲が出来ました。コレが初めてのレコーディングだったみたいなんですけど、一発で録り終わって。スゲェーなって。


Q. 音に合わせて、メロディを重視したラップスタイルも聴かせるアルバムでした。そういったラップスタイルをご自身の言葉で説明するとしたら?


A. 元々、自分はロックとかも好きだったんで、ラップもフロウってゆーかメロディーから作るんです。最近はUSのヤツ等とかも歌えるヤツが多いですし、JAZEEなんて歌もヤバいし、ラップも上手いですし。今後はそういうスタイルの人がどんどん増えていくんじゃないかと思っています。


Q. アルバムリリース後の予定等、読者へ伝えたいことがあれば教えてください。


A. 今回のアルバムで3曲プロデュースしてくれている、レーベルメイトのNever

Childってヤツは俺等が仲間ウチでやってる「BAKED」というブランドのデザインもやってるし、DJもヤバいし、映像も作れるし、天才だと勝手に思っています。Never Childはこれからモスチェキしといて欲しいですね。ソレ以外にも、冒頭で話したレーベルメイトのDIAMOND FAMILIAも次の作品を制作していますし、地元静岡の若い奴等もヤバいヤツ等がいっぱいいますよ。

自分達、FLY DUNK RECORDS主催で毎月静岡でパーティーもやってますし、是非静岡にも遊びに来て欲しいですね。とりあえず俺達、FLY DUNK RECORDSをチェックしといて欲しいです。最後に一つだけ、、、FREE 13!!


Text:一ノ木裕之


 


 








■Info:
P-VINE
twitter
facebook
instagram


 


 


 


 


 


DATE : 03.16.2015 | CATEGORY : MUSIC

635pxライン画像

THROWBACK